【Java】Spring bootでHelloWorld

Java
  • 目的:JavaでのWebアプリケーション制作がどういった流れで行われるのか、流れを知る
  • 目標:JavaとSpring bootでHelloWorldのプログラムを作成→ブラウザでHelloWorldを表示させる
  • 環境
    • OS = MacOS BigSur
    • IntelliJ
    • Windowsでも同じ手順で可能です
    • Java, IntelliJが初めてという方は【Java】IntelliJでHelloWorldをご覧いただけるとスムーズです

実施手順

  1. SpringInitializrでプロジェクトの作成
  2. IntelliJでプロジェクトを開く
  3. コードを生成
  4. BootRunで実行し、結果の確認

1.SpringInitializrでプロジェクトの作成

  • https://start.spring.io/ にアクセス
  • 必要な設定を変更する
    • ProjectGradle Project
    • DependencesSpring Webを追加
    • ADD DEPENDENCESを選択
    • WEBからSpring Webを選択
    • GENERATEを押して、zipファイルをダウンロード

2.IntelliJでプロジェクトを開く

  • ダウンロードしたzipファイルを解凍

    • 解凍した中身はこんな感じ
  • IntelliJから解凍したプロジェクトを開く
    • File > Open
    • フォルダを選択してOpen
  • 最初開く際は、色々なライブラリのダウンロードが入るので、しばらく待つ
    • 私の環境(通信激遅)だと5分くらいでした。

3.コードを生成

  • src > main > java > com.example.demo > DemoApplication を開く
  • DemoApplication.javaを下記コードに変更
package com.example.demo;

import org.springframework.boot.SpringApplication;
import org.springframework.boot.autoconfigure.SpringBootApplication;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@SpringBootApplication
@RestController
public class DemoApplication {

    @RequestMapping("/")
    String index(){
        return "Hello World!";
    }

    public static void main(String[] args) {
        SpringApplication.run(DemoApplication.class, args);
    }

}

4.BootRunで実行し、結果の確認

  • Gradleタブをクリック
  • demo > Tasks > Application > bootRun を選択し、ダブルクリック
  • 実行が始まる
    • 下記画面が出れば成功
  • Chrom等のブラウザのURLにhttp://localhost:8080を入力
  • Hello World!と表示されれば成功

なぜJavaで作成したアプリケーションを起動するとブラウザから表示できるか

  • 個人的にとても疑問だった。ざっくりとしたイメージをメモ

  • Spring bootにはJavaだけでなく、Webサーバー用のソフトも一緒に入っている。

    • Spring bootを利用して作成したアプリケーションは、それ自身がWebサーバー機能とJavaとしてのプログラムの機能の両方を備えたものになる
    • 今回の設定ではポート番号8080でWebアプリとして起動するように設定がされているため、アプリ起動時にlocalhostのポート8080にアクセスしたとき、アプリ作成した"Hello World"が表示される

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました