【Git】Git使用時のコマンドmemo

IT その他
  • 自分が良く使用するコマンドをケースごとにmemo
    • 備忘録
  • 自分はGithubとCodeCommitを使用する場合が多い
    • 基本的にGit環境であれば共通で使えるはず

既存プロジェクトを新しくリモートリポジトリに登録する

  1. 登録したいディレクトリをローカルリポジトリにする

    • 登録したいディレクトリに移動し、git initを実行
      git init
    • 登録したいファイル、フォルダと同階層の場所で実行する
    • フォルダ名/sample.txtsample.txtを登録したい場合
      • sample.txtがある階層でgit initを実行
  2. リモートリポジトリとローカルリポジトリの紐付け

    • .gitのある階層でgit remote addコマンドの実行
      git remote add origin https://【アクセストークン】@github.com/【ユーザー名】/【リポジトリ名】.git
    • git remote -vを実行し、意図したリポジトリのアドレスが表示されればOK
      $ git remote -v
      >origin  【リポジトリURL】 (fetch)
      >origin  【リポジトリURL】 (push)
  3. リモートリポジトリの前ファイルをステージングエリアに追加

    • リモートリポジトリに追加前にローカルリポジトリにファイルを登録する
    • ファイルをadd
      git add .
    • ローカルリポジトリにコミット
      git commit -m "【コメント(任意)】"
  4. リモートリポジトリに登録

    • git pushの実行
      git push origin main
    • 今回はデフォルトブランチにpush

不要なローカルリポジトリを削除

ファイルは残し、ローカルリポジトリとしての機能のみ削除したい場合

  • 対象のローカルリポジトリの.gitを削除
    rm -rf .git
    • ↑ Mac等のUNIXコマンドが使用できる場合
    • -r → フォルダを削除するためのオプション
    • -f → ディレクトリ削除時の警告メッセージを表示しないオプション

ファイルも含めローカルリポジトリを全て削除したい場合

  • 対象ディレクトリを削除すれば良い
    rm -rf 【ディレクトリ名】
    • 一つ上の場合の、.gitやファイルが存在するディレクトリを指定して実行する

Githubでパスワード認証廃止により、pushコマンドでエラー

  • 2021年8月よりパスワード認証が廃止され、トークン認証になっている
  • githubを使用したのは2021年8月でも、調べて出てくるコマンドがパスワード認証前提の場合があるので注意
    • 僕はこのケースでerrorになりました(^_^;)
  • パスワード認証でリモートリポジトリを紐づけている場合はpush時にエラーが出る
  • 結論:現在の紐付けを削除し、トークン認証用URL紐づければ解決
  1. 現在のリモートリポジトリの紐付けを削除

    git remote remove origin
  2. トークン認証用のURLを追加

    git remote add origin https://【アクセストークン】@github.com/【ユーザー名】/【リポジトリ名】.git

コメント

タイトルとURLをコピーしました